スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2008.10.12(日)

うさんぽに行きたい。。

皆様こんばんは。

10月となり、日も随分と短くなってきた今日この頃。
日が落ちるとすぐに寒くなってきて、随分と冬を感じるように
なりました。

雲母1

良い気候になって、死体のように眠るお嬢様。。
ふと横をみて、この状態だとちょっとびっくりします(w


さて、涼しくなってくると、うさんぽに行かれる方々も多いと思います。
秋の公園や河川敷でうさぎさんとの散歩には、我が家も憧れるところです。
まあ、抱っこのできない我が家のお嬢様は無理っぽいですね。
行きたいけど。。

しかし、そこで気になったのがうさぎさんへの危険。
都心部の公園といえど、結構危険な生き物などがいるわけで。。
というのも、先日自転車通勤中にアシナガバチがぶつかってくるといった
ことがあったので。
(ハチにぶつかった事から、うさんぽの危険に考えが行く辺り、どんだけ
うさぎと散歩したいんだ!というところは考えないことにして。。)
環境(生物)系の仕事を生業にしていることもあって、すこしでもウサギさんの危険を
未然に防げればという勝手な思い込みから、今回のお題は企画されております(汗


え~、まず思いつくのは今回の企画の発端にもなったハチ。
都心部でも結構多くの種類が生息しています。
特に最近は都心部でのスズメバチの営巣が問題になることも多いみたいで、
その駆除業者さんも増えてるみたいですね。

みつばち
 ↑コスモスに来るミツバチ

ハチと言っても、危険性が高いのはアシナガバチ類やスズメバチ類。
公園なんかだと生垣やちょっとした草むらに巣を作ることがあるので、うさぎさん
が突っ込んでいかないように、注意が必要かも。
都会で増えているキイロスズメバチは、ジュースなど甘味料入り飲料が好きなようで、
そういった物を近くに持っていかないのも良いかもしれません。
細かい生態情報などはインターネットで沢山Hitするので、割愛。
万が一刺されたら、冷やしながら早く病院にいきましょう。


お次は、毒を持つ毛虫の類。
毒をもっている毛虫の方がはるかに少ないのですが、何かと嫌遠される
この方たち。
この手の生物が苦手の方も多いと思われるので、写真は割愛。
見たいという方は下記サイトをご参考に。

「幼虫図鑑」
 ↑多くの芋虫・毛虫が閲覧できます。

公園などの植樹で発生する、イラガ類やドクガ類が危険でしょう。
都会の植え込みだと特にヒロヘリアオイラガなる種が多いらしいです。
基本的にはうさぎさん達は、毛があるのでひどく刺されることはないと
思われますが、鼻先など毛の薄いところは要注意かと。

雲母3

桜やドングリ系、紅葉など結構沢山の樹に生息するので、気をつけましょう。



さて、最後としますが、実は今回の企画を思いついたとき、一番うさぎさんに
とって危険かも、、と思ったのがこの方たち。
最近話題のゴケグモ類。
もともと日本に居なかったこのクモ達は、人間に運ばれたせいで、日本という
見たことも聞いたことも無い土地で暮らす羽目になった、考えようによっては
被害者たち。

雲母3


しかし、なかなか逞しいもので日本でも都心部を中心に生き延びてらっさいます。
有名なセアカゴケグモは、現在近畿・中部・中国地方および福岡県で確認が
あります。基本的に、物流の盛んな都会で多く見つかるので、大都会ほど
いる可能性が高い?かな。
おそらく全国的に広く生息していると思いますが、見つかっていないだけかと
思います。
つい先日も私が今年の春まで生活していた福岡県福岡市と久留米市で
見つかりました。

さて、なぜこのクモ達が危険と思ったかというと、その生息場所が問題。
うさぎさんといえば隙間。
何故そんな狭いところを通ろうとする?? と、疑問を持ちたくなるほど
隙間好き。(家のお嬢様だけではないとおもうのですが。。)

雲母4

で、このクモ達が網を張るのも人工物の隙間。
という訳で、皆様お気をつけ下さい。
まあ、クモ自体が小さいこともあるので、さっきの毛虫同様鼻先などの
毛の薄いところ意外は大丈夫と思いますが。

あとこの他にもカラスなんかも意外と凶暴で危険かも。
人間を恐れないという点でも厄介ですね。

なんにせよ、みなさま安全で楽しいうさんぽをお楽しみ下され。
(我が家は無理ですが。。 もういいって?)



もふっと押すとです。
にほんブログ村 うさぎブログへ
スポンサーサイト
│posted at 15:13:05│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

Take-S

Author:Take-S
●雲母(きらら ↑生後約3ヶ月)
 我が家にやってきて早5年。
 我が家の順位のTopに君臨するロップイヤー。
 額の模様もなんのその?!
 熟女の魅力を振りまくお嬢様。









●キラ母(奥さんからHN改名)
 雲母の飼い主。
 某ペットショップで生後2ヶ月程度の雲母を見かけ、半衝動買いで雲母を連れ帰る。
 雲母と管理人の面倒を見るえらい人。

●Take-S@管理人
 飼い主その2。
 キラ母と結婚後、見事にウサギにはまった、このBlogの管理人。
 うさぎを抱っこして遊びたおすという野望を達成すべく活動する組織(構成員1名)の一員。
 某アイドルが好きな30代。

 管理人への連絡は以下のメールアドレスまで。
 elf-goo@mail.goo.ne.jp
 (迷惑メール防止のため、@を大文字にしています。)

管理人の個人ブログを作りました。
「徒然なる時に。。」
別館としてどうぞ。

 
カテゴリー
FC2カウンター

 
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。